パートさんを正社員にしよう思ってるんだけど。
パートさんにがん検診健康診断を受けてもらおうと思っている。
有期雇用者に教育訓練を受けてもらおうかな?

> キャリアアップ助成金

正社員に教育を受けさせたいな・・・

> キャリア形成助成金

正社員に教育訓練制度、職業能力評価制度導入したい
正社員にキャリアコンサルテイングを定期的に実施したい

> 企業内人材育成推進助成金

高齢者、障害者を雇い入れようと思っている

> 特定雇用開発助成金

正社員に評価、研修制度を導入したい。

> 職場定着支援助成金

キャリアアップ助成⾦」は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正規雇用への転換、人材育成、処遇改善などの取組を実施した事業主に対して助成する制度です。労働者の意欲、能⼒を向上させ、事業の⽣産性を⾼め優秀な⼈材を確保するために、ぜひ、この助成⾦制度をご活⽤ください。

  • パートさん有期雇用者→正社員(正社員雇用等転換コース)
  • 有期雇用者に教育訓練(人材育成コース)
  • パートさんにがん検診健康診断(健康管理コース)

この助成金は、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練などを段階的かつ体系的に実施する事業主に対して助成する制度です。具体的には、従業員に対して行う職業能力開発に関する計画(事業内職業能力開発計画および年間職業能力開発計画)に基づいて訓練などを行った事業主に対して、その経費と訓練期間中に支払った賃金の一部を助成します。ここでいう訓練などには、職業訓練のほか、職業能力検定およびキャリア・コンサルティングも含み、その経費や受験時間などに対する賃金も助成の対象となります。

  • 正社員に教育訓練(一般型訓練、政策課題対応型訓練)

新たに高年齢者、障害者、母子家庭の母などの就職困難な者をハローワーク又は一定の有料・無料職業紹介事業者の紹介により、継続して雇用する労働者として雇入れた事業主に助成する。

  • 母子、高齢者、障害者をハーローワークを通して雇用

雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入など通じて従業員の離職率の低下に取り組む健康・環境・農林漁業分野等の事業を営む事業主(重点分野関連事業主)に対して助成するもので、雇用管理改善を推進し、人材の定着・確保と、魅力ある 職場の創出を目的としています。また、介護関連事業主の場合は、介護福祉機器を導入した場合も助成の対象となります。

  • 正社員に評価、処遇制度。研修制度。健康づくり制度。メンター制度。を導入(個別企業助成コース)

人材の最適配置・最大活用を目指していくためには、個人が主体的にキャリア形成を図っていくことができる体制整備及び外部労働 市場で活用のできる企業横断・業界共通の能力評価制度の整備等、労働市場インフラの戦略的強化が必要であり、日本再興戦略改訂版 においても、新ジョブカード活用及びキャリア・コンサルタント活用のインセンティブ付与の方策を具体化すること等が盛り込まれて いる。 このため、従業員の職業能力評価、キャリア・コンサルティング等のキャリア形成促進のための制度を導入し、継続して人材育成に取り組む事業主及びこれを支援する事業主団体に対する助成制度を創設する。

  • 正社員に教育訓練制度、職業能力評価制度導入(教育訓練・職業能力評価制度助成コース)
  • 正社員にキャリアコンサルテイングを定期的に実施(キャリアコンサルテイング制度コース)

顧問契約によって、安価なコストで御社に非常勤の社会保険労務士を持つことができます。
入退社他労働社会保険全般手続きやハローワークへの求人の提出、分社化に伴う社会保険適用の相談、
行政機関の臨検調査立ち会いなど、なんでもご相談下さい。
顧問契約のメリットとしては、手続き以外にも、労務関係における様々なご相談にお答えしたり、
万が一の労使トラブル発生時の抑止力になったりと、さまざまなビジネスシーンでご活用いただけます。

御好きに組み合わせください

月30分程度のご相談やアドバイス法改正情報や

各種書式をご提供します。

相談:月額20,000円(基本料)

相談顧問に加え給与計算業務を行います。

相談/給与計算:基本料20,000円

+1,000円×人数

創業2年以内で役員、パートアルバイト、

従業員含んで5名さま以内

相談/手続き/給与計算:月額20,000円のみ

 

相談顧問に加え社会保険・労働保険等の

各種手続き業務をします

相談/手続き:基本料20,000円

+1,000円×被保険者数

アドバイザリー顧問に加え+各種手続き業務

+給与計算業務を行います。

各種業務、丸投げできます。

相談/手続き/給与計算:基本料20,000円

+1,000円×被保険者数

1,000円×人数

  • ・助成金は支給額の20%(最低額5万円~)
  • ・就業規則新規作成は別途料金(20万円~)がかかります

会社側と労働者との間で労使トラブルが増加しています。会社を防衛するためには、就業規則の整備は不可欠です。年々法改正があり、企業はこれに対応していかなければなりません。
テンプレートや何年も前の就業規則をそのまま使用していると、就業上の違法性を指摘されたり、思わぬ権利を主張される恐れがあります。この機会にぜひご検討下さい。

就業規則の料金(税込)
就業規則作成 100,000円~
諸規程等の作成 30,000円~
就業規則の診断 無料サービス実施中